未だ健在!人工知能の父ミンスキー

The Society of MInd

MITの春学期(2月3日~5月21日)が始まりました。MITは今では工学、科学だけではなく芸術まで領域を広げている総合大学です。昨年の学内新聞ではスポーツの分野でも世界最高を目指すという野心的な記事がありました。そのため実に様々な講義が開講されるわけですが、計算機科学を専攻した私にとっては人工知能の父といわれているミンスキー(Marvin Minskey)教授の講義を注目しました。御歳77歳。

講義名はずばりThe Society of Mindです。教科書もThe Society of Mindです。The Society of Mindは世界的に影響を与えた名著で日本では慶応義塾大学塾長の安西祐一郎先生が和訳されています。この訳本は原著にはない注がとても詳しいので人工知能の知識がない人でも理解できると思います。

受講者数の制限があり私は聞けないのですが、教科書や書籍でしか知らない世界的な研究者の授業を聞くことができることはMITの魅力です。

0 Comments
  1. MITの近くのQuantum Booksで購入したら$12.8でした。amazon.co.jpでは1444円で売っています。ほとんど値段が変わりませんね。ちなみに訳本は4300円です。

  2. アメリカでこの本を買った気がするなぁ。どこにいってしまったのだろう。引っ越しのときに段ボールにしまった記憶があるが…今はもうわからないや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。