かわいい子にはキャンプをさせろ!

12月10日にボストン日本人学校のレクチャールームでサマーキャンプの説明会がありました。サマーキャンプというのは、親元を1週間なり2週間なり離れてキャンプをさせるものです。この手のキャンプはアメリカではとても人気があり人気のある業者のキャンプには3月ぐらいでいっぱいになったりします。何せ、アメリカの学校では2ヶ月くらい夏休みがあるので親も子供に夏休みをどう有効に過ごさせるか考えざるをえません。多くの親は子供をサマーキャンプやサマースクールにいれるのです。

サマーキャンプはどういうことをやるのかというと、サッカー、水泳、テニス、野球、乗馬などのスポーツがメイン、夜はキャンプファイヤーなどの楽しいイベントがあり、子供たちは親元を離れて友達と一日中遊びます。何てアメリカの子供達は恵まれているのでしょうか。

さて、説明会のあったウェルネスキャンプを簡単に紹介します。このキャンプは日本人の小学生、中学生の子供を対象にしたもので、マサチューセッツ州のWashington山のHi-Rockキャンプ場で開催されます。私はいったことはありませんが、湖もありとても自然のうつくしいところだそうです。キャンプ主催者は日本人で日本のYMCA、アメリカのYMCAなどで働いたことのある経験豊かな方です。キャンプの目標はアメリカ人の経営するキャンプとは少し違っていて、アメリカに住む日本人の子供のために、日本語でキャンプをし、礼儀正しい、責任感があるなど日本人の持つ良い点を身に着けてもらおうというものです。もっとも、厳しくしている躾は挨拶をするとか、残さず食べるとか基本的なことだけで、後はアメリカの他のキャンプと同じでとても楽しいということです。アメリカに住んでいる日本人で子供に日本人のアイデンティティを持たせるためには良いのではないでしょうか。

参考 日米ウェルネス協会 http://www.jawellness.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。